データで語る!食べ順ダイエットまとめ

皆さんは食べ順ダイエットをご存知でしょうか?

食べ順ダイエットは

  1. 汁物
  2. 野菜
  3. タンパク質、脂質
  4. 炭水化物(糖質)

の順に食べることによって食後の血糖値の急激な上昇を抑えていくダイエット方法です。

今回は当サイトで行った食べ順ダイエットの血糖値測定の結果をまとめていきたいと思います。

血糖値が上昇すると太りやすい原因はインスリン

そもそもなぜ食後血糖値が上昇し過ぎると太りやすくなるのでしょうか?

食後の血糖値が上昇すると膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは血糖値を下げるために糖質を脂肪に変換して貯蓄する働きがあります。

インスリンは体の組織に働きかけ、糖質をメインの栄養素として使うように指示を出します。

話はとびますが、ここで口うるさい怖い上司をイメージしてください。

部下を怒鳴りつけている上司のイラスト

このイラストのように怒られ続けると部下はどのようになるでしょうか?

仕事をサボっている人のイラスト

また、あのクソ上司起こって何か言ってるわ。と上司の小言を聞き流すようになります。

これがインスリン抵抗性という糖尿病に見られる体の変化です。

インスリンの命令を体の組織は無視するようになります。

インスリンの分泌を抑制することにより、体のインスリンに対する反応性を元に戻して行くと言う事がダイエット及び糖尿病予防には非常に大事なことになってきます。

過去にブームになった低GIダイエット、今もブームな糖質制限ダイエット、食べ順ダイエットなどはやり方こそ違えど、血糖値の上昇をおさえて、インスリンの分泌を少なくすることがポイントとなっているダイエット方法です。

食べ順ダイエットは糖質制限ダイエットと併用可能

食べ順ダイエット、低GIダイエット、糖質制限のダイエットは併用が可能です。

むしろ、糖質制限ダイエットを行っている方は、食べ順ダイエット及び低GIダイエットの正しい知識を持つことでさらにダイエットを加速することが可能です。

野菜を食べると食後の血糖値が抑えられる。

食べ順ダイエットの食べる順番は

  1. 汁物
  2. 野菜
  3. タンパク質、脂質
  4. 炭水化物(糖質)

と言う順番で食べていきます。

当サイトで行った検証では最初に食物繊維を含む野菜を食べることによって食後血糖値が抑えられることがわかりました。

食後血糖値が実際抑えられた体験記事はこちら

汁物には体温を上げて代謝を活性化させる意味がある。

食べ順ダイエットの特徴は汁物を最初に食べることです。これの意味は体の中の体温を上昇させることで代謝の活性化を促すことが目的のようです。代謝が活性化すると、エネルギー消費量も上昇します。その結果、食べた糖質をすぐにエネルギーとして消費するので、食後の血糖値の上昇をおさえてくれます。

当サイトで行った検証でも、野菜の前に温かい汁物を取ることによって体温を上昇させ代謝を上げることで血糖値の上昇を抑制することが可能であることも分かりました。

味噌汁を飲んで血糖値を測定したデータはこちら

食べ順ダイエットまとめ

当サイトで自分の体を使って検証した結果、食べ順ダイエットは食後血糖値の上昇を抑制することがわかりました。食後血糖値の上昇を抑制することは、糖質制限ダイエットをしていて糖質が気になる我々にとっては重要な関心事項です。

今回、当サイトで行った検証の結果から食べ順ダイエットは食後血糖値を抑制し、インスリンの分泌量を少なくしているのでないか?と予想しています。

引き続き、当サイトではサプリ、食べ物の血糖値の上昇をいかに抑えるかということに注目してどんどんとダイエット人柱になっていく所存であります。

引き続き、よろしくお願いします。

食後の血糖をおさえるおすすめサプリ

実際、飲んで血糖を測定して食後の血糖値をおさえてくれるサプリは現在当サイトで検証したかぎりでは、

  • おとなのカロリミット
  • メタバリアS

の2つです。もし血糖値が気になる方はこれらの体験記事も一緒に読んでいただければ幸いです。

おとなのカロリミットの体験記事はこちら

メタバリアSの体験記事はこちら

おすすめ記事はこちら

糖質制限まとめ

血糖値下がったサプリランキング

おすすめ大人のカロリミットまとめ

ブログ村ランキングに参加しています。

ランキング参加しています。

ブログ村

ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です