バナナのカロリー、糖質は?血糖値を測定して糖質制限に使えるか検証

バナナはおやつに入りますか?

学校の遠足の時のおやつにバナナは含まれるかどうかは以前から議論になってきました。

バナナは糖質制限ダイエット中に食べていいですか?

多くの糖質制限ダイエットの本にはバナナなど果物は糖質が高く食べないほうが良いといわれています。

しかし、たまには思い出してください

「朝バナナダイエット」のことを

朝バナナダイエットとは、名前の通り朝食にバナナを1本食べるというダイエット法です。

バナナを1~2本食べて水を飲むだけで簡単だし、何かを作るわけでもないので手軽にできると人気が出ました。

朝バナナダイエットは、朝食をバナナに変えるだけであとの食事は普通に食べていいというやり方なので、ダイエット初心者でも簡単にできるのも特徴です。

バナナ1本のカロリーは100キロカロリー未満。朝からご飯やパンをしっかり食べていると、400キロカロリー近くを摂取していることになります。

朝食をバナナ1~2本にに変えるだけで、かなりのカロリーオフにもなります。

ダイエットターに栄養バランス、カロリーで愛され続けてきたバナナは糖質制限でも愛して良いのか?

今回は、そのあたりを検証してみたいと思います。

コリ

よろしい!ならば血糖測定だ!

バナナの栄養価は?

バナナの栄養価は以下の通りです。

 バナナ
エネルギー86Kcal
 炭水化物22.5g
 糖質21.4g
 たんぱく質1.1g
 脂質0.2g

バナナの栄養価は1本あたり86Kcalと非常にローカロリーです。しかし、バナナに含まれる糖質は21g近くとガリガリ君ソーダと同じくらいの糖質をバナナは含んでいます。

コリ

糖質高めやし、バナナは糖質制限にむいていなさそう。




バナナのGI値は?

GI値は食品を口にした際、血糖値がどのくらいのスピードで上昇するかを数値化したものです。これが高いほど血糖値の上昇が速く、インスリンの分泌が増えることから脂肪を蓄えやすくなってしまいます。

バナナのGI値は55です。一般的に60以下であればGI値が低い方に分類されることが多いことから、バナナはGI値の面からみれば糖質制限ダイエットに向いています。

コリ

バナナは、GI値低いから血糖上昇も穏やかな模様。実際にバナナ食べて血糖値測定してみよ。

バナナ食前血糖と食後血糖

バナナ

バナナの食前と食後の血糖値の比較です。

バナナ食前の血糖値

血糖値は99㎎/dlとそこそこいい値です。

バナナ食後の血糖値

糖質が高いので血糖値は高めになりました。

バナナのGI値は55ですのでそこまで血糖値の立ち上がりは早く無いはずですが、意外と高い印象です。

コリ

バナナ低GI値っていったやん!!




「糖質制限.com」では糖質制限ニキの食前食後の血糖値を測定しています。食後は最も血糖値の高い30分から60分位を目安に測定しています。尚、糖質についてのレビューを行うため食前1時間は水のみ摂取しています

バナナは糖質制限的にどう?

バナナは糖質制限ダイエット的には以下のような評価になります。

バナナのカロリーは100Kcal以下と優秀です。また、糖質のわりに食後の血糖値の上昇が抑えられているということから糖質制限お勧め度は6としました。

バナナ感想

バナナはおいしい。間違いない。

しかも、ローカロリー。しかし、やや糖質が20gと高め。

しかし、よくよく考えると糖質20gってファミリーマートのライザップコラボ商品やローソンのブランパンシリーズでもあります。

糖質制限ダイエットには向きませんが、カロリー制限ダイエットを行っている方ならバナナはいいかもしれません。

糖質制限ダイエット失敗したらバナナダイエットに切り替えよう。

そう心に誓いました。

バナナまとめ

コリ

そんなバナナ!()

では!では!今日はここまで!

ごちそうさまでした!



ブログ村ランキングに参加しています。

ランキング参加しています。

ブログ村

ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です