大豆粉とブランのしっとりロールはしっとり

どうもコリ(@1042limit)です。

今回は大豆粉とブランのしっとりロールのレビューです。

大豆粉とブランのしっとりロール




ローソンはブランパンなどふすまを使ったふすまパンシリーズを多くリリースしています。糖質制限ダイエットをされている方は糖質だけに目を向けがちですが、ローソンは人工甘味料を使用しない、乳酸菌を入れるなど健康志向向けの商品を開発しています。しかし、ファミリーマートのライザップコラボシリーズなどと比較すると糖質が糖質制限ダイエットをしている人にとってやや甘い商品が多いです。これは、他社製品は人工甘味料を使用し甘味を出していますが、ローソンは人工甘味料を追加しないなど素材へのこだわりを重視している立ち位置の問題です。今回は、大豆粉とブランのしっとりロールも素材の味がしっかり感じられると思います。期待です。

大豆粉とブランのしっとりロールの栄養価は?

大豆粉とブランのしっとりロールの栄養価は以下の通りです。

エネルギー 239Kcal
 炭水化物 30g
 糖質 16.3g
 食物繊維 13.7g
 たんぱく質 7.5g
 脂質 12.9g
 ナトリウム 186mg
価格 135円

炭水化物計算では30gですが、ブランは食物繊維が豊富なので糖質は16.3gとなります。

大豆粉とブランのしっとりロール開封

それでは開封の儀!

甘い香りが広がります。

大豆粉とブランのしっとりロール実食

それでは実食!

クリームは結構しっかりと濃厚でしっかりとクリームしています。

生地はしっとり本当にしていて、ブラン単独だとぱさぱさしてしまう食感になると思うのですが、それをしっかり大豆粉がフォローしてくれているような構図です。甘味は、控えめながらも優しい味。シフォンケーキくらいのほのかな甘さです。ブラン独特の苦みなども味の奥に見え隠れしますが、ほとんど気になりません。ローソンといえばウチカフェシリーズのロールケーキが有名です。それと比較すると大豆粉とブランのしっとりロールは、負けてしまいますが、十分菓子パンとしてならおいしい部類に入ります。

大豆粉とブランのしっとりロール食前血糖と食後血糖

食前と食後の血糖値の比較です。

 




「糖質制限ニキは今日も米抜きぃぃぃぃ!」では糖質制限ニキの食前食後の血糖値を測定しています。食後は最も血糖値の高い30分から60分位を目安に測定しています。尚、糖質についてのレビューを行うため食前1時間は水のみ摂取しています

大豆粉とブランのしっとりロールは糖質制限的にどう?

大豆粉とブランのしっとりロールは糖質制限ニキ的には以下のような評価になります。

大豆粉とブランのしっとりロールは、糖質が少しほかのブランシリーズと比較すると高めです。味は十分満足していただけると思いますが、糖質が他の商品に比較すると高いので糖質制限お勧め度は4つなりました。

大豆粉とブランのしっとりロール感想

大豆粉とブランのしっとりロールは菓子パンとしては非常においしいですし、ローカロリーです。一方、糖質制限ダイエットをされている方にとってはやや糖質が気になるところだと思います。しかし、味自体は、ローソンさんの自然食へのこだわりと情熱が感じられる商品だと思います。気分転換に食べてみたい。甘いものを食べたい時はお勧めできますが、普段食べるにはややバランス的に気になります。

大豆粉とブランのしっとりロールまとめ

糖質制限ニキ
大豆粉とブランのしっとりロール

では!では!今日はここまで!

ごちそうさまでした!




ブログ村ランキングに参加しています。

ブログ村ランキング参加しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です