ローソンブランのあんぱんは糖質オフだけどあんぱん感はしっかり

どうもコリ(@1042limit)です。

今回はローソンブランのあんぱんのレビューです。

ローソンブランのあんぱん




ローソンの大人気商品ブランパンシリーズは糖質オフダイエットの強い味方です。しかも、人工甘味料不使用など天然素材にこだわった糖質制限ダイエット向き商品を開発していることがローソンの特徴です。今回はブランパンシリーズ最新作「ブランのあんぱん」をレビューしたいと思います。

糖質が気になる方にオススメ!大人のカロリミット体験記事はこちら

ブランの秘密

そもそもブランってなんですか?ブランは製粉工程で小麦粉にならない皮部及び胚芽部分のことをいいます。ブランは、低糖質、低カロリーであるほか、食物繊維、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。特に食物繊維が100g中50gも含まれていて、他の食品に比べて群を抜いていることが特徴です。

ローソンブランのあんぱんの栄養価は?

ローソンブランのあんぱんの栄養価は以下の通りです。

エネルギー  162 Kcal
 炭水化物  18.3 g
 糖質  13.5 g
 糖類  g
 たんぱく質  9.9 g
 脂質  3.5 g
 ナトリウム  126 mg
価格 165円

ローソンブランのあんぱんの糖質13.5gとあんぱんがあんぱんであるための大前提であるあんこ=糖質が含まれているにもかかわらずこの糖質はどうやって実現したのか!ローソン開発に問い合わせしたくなる苦労があると思います。しかも、人工甘味料は不使用です。

糖質が気になる方にオススメ!大人のカロリミット体験記事はこちら

ローソンブランのあんぱんを開封

いざ!開封の儀

ローソンブランのあんぱん実食

手にとってに見ると小麦と比べると少しパサパサ気味で弾力感がない生地です。まぁ、ブランだから仕方ありません。ここは妥協ポイントです。むしろ、ブランという食材をここまでまとめてくれたと褒めるべきではないかと思います。

あんぱんである以上糖質の塊であるあんこが含まれていないとあんぱんではありません。ローソンブランのあんぱんを半分に切ってみると薄くあんこが塗られています。量は薄皮あんぱんなどと比べるとかなり少ないです。あとつぶあんです。

あんぱん食べている感はあります。あんこも少し甘味を抑えてある印象をうけました。

ローソンブランのあんぱん食前血糖と食後血糖

ローソンブランのあんぱん食前と食後の血糖値の比較です。

血糖値は130台と上昇しています。

糖質が気になる方にオススメ!大人のカロリミット体験記事はこちら




「糖質制限ニキは今日も米抜きぃぃぃぃ!」では糖質制限ニキの食前食後の血糖値を測定しています。食後は最も血糖値の高い30分から60分位を目安に測定しています。尚、糖質についてのレビューを行うため食前1時間は水のみ摂取しています

ローソンブランのあんぱんは糖質制限的にどう?

ローソンブランのあんぱんは糖質制限ニキ的には以下のような評価になります。

糖質制限なのに糖質の塊であるあんぱんを作ろうとしたローソンの意欲作ですが、やはりトータル的にみると無理が行き過ぎている印象です。

感想

糖質制限ダイエットしているときにどうしてもあんぱんが食べたくなるときってあるんでしょうか?

僕自身は確かに砂糖を体が欲しているなと感じるときはあります。

しかし、その時の選択肢としてブランのあんぱんを選ぶでしょうか?僕は多分選びません。

同じくらいの糖質ならウイダーのベイクドチョコなど糖質抑えめでも甘さを満たしてくれる商品はあります。無理やりあんぱんを食べる必要はないなと僕は思います。

まとめ

糖質制限ニキ
ローソンブランのあんぱんはどうしてもあんこなど糖質スイーツを求めるときならありな選択肢です。

では!では!今日はここまで!

ごちそうさまでした!




ブログ村ランキング参加しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です