アサヒスタイルフリーは糖質制限らしからぬ味とのど越し

どうもコリ(@1042limit)です。

今回はアサヒスタイルフリーのレビューです。

アサヒスタイルフリー




第3のビール、新ジャンルというビールは糖質ゼロ、糖質〇〇%カットなど機能性を謳う商品のラインナップと低価格が魅力です。メーカーの努力の成果もありビールと遜色ないクオリティの製品も増えてきました。今回はその中でアサヒから販売されている糖質ゼロで24Kcalと低カロリーがウリのアサヒスタイルフリーをチョイスしました。

ビールと発泡酒の違いは、 ①麦芽使用率と②使用原料の二面から定められています。酒税法上「ビール」に分類されるためには、麦芽を原料の3分の2以上使用し、副原料においても政令によって使用できるものが限定されています。(麦芽や麦、ホップ、米、とうもろこし、でんぷん等)
一方、発泡酒は麦芽使用率が3分の2未満、ビールとしては使用できない原料を使用している場合で、麦芽、麦を原料の一部とした発泡性を有する酒類とされています。

アサヒスタイルフリーの栄養価は?

アサヒスタイルフリーの栄養価は以下の通りです。

エネルギー 24Kcal
 炭水化物 0g
 糖質 0g
 糖類 0g
 たんぱく質 0g
 脂質 0g
 ナトリウム 0-12mg
価格 オープンプライス円

メーカー公式サイトには栄養表示基準に基づき、糖質0.5g(100㎖当たり)を糖質0(ゼロ)としています。糖質も脂質もゼロなのにカロリーがあるのはアルコール自体がカロリーがあるからです。

糖質が気になる方にオススメ!大人のカロリミット体験記事はこちら

アサヒスタイルフリーの原材料は?

アサヒスタイルフリーの原材料は

麦芽、ホップ、糖類、カラメル色素、酵母エキス、大豆たんぱく

などが含まれています、

アサヒスタイルフリーを開封

いざ開封の儀!

アサヒスタイルフリーを実食

飲みごたえ、のど越し、爽快感はさすがスーパードライでビールの天下を取ったアサヒ飲料ビールと遜色ないクオリティといえば言い過ぎになりますが、それでも十分満足できる味です。

アサヒスタイルフリー食前血糖と食後血糖

アサヒスタイルフリー食前と食後の血糖値の比較です。

食後2時間以上空けていますが血糖値は高かったです。ちなみに食べたのはうどんです。

さがってるぅぅぅぅ!

さすが糖質ゼロ(厳密にゼロとは言っていない)




「糖質制限ニキは今日も米抜きぃぃぃぃ!」では糖質制限ニキの食前食後の血糖値を測定しています。食後は最も血糖値の高い30分から60分位を目安に測定しています。尚、糖質についてのレビューを行うため食前1時間は水のみ摂取しています

アサヒスタイルフリーは糖質制限的にどう?

アサヒスタイルフリーは糖質制限ニキ的には以下のような評価になります。

栄養的に全く問題ありません。

感想

たとえ100mlあたり、糖質0.5g入っているとしてもビールと比較すれば全然少なくてこの味と満足感は糖質制限されている方の強い味方になると思います。

まとめ

糖質制限ニキ
アサヒスタイルフリーは本当に毎日の晩酌用にもってこいの飲み物です。

では!では!今日はここまで!

ごちそうさまでした!




ブログ村ランキング参加しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です